本文へスキップ

主婦・女性に人気の資格取得のための情報サイトです

女性・特に主婦に人気の資格取得をまとめました。今必要とされている資格は?どうすれば取れるの?いくらくらいかかる?どんな仕事か

歯科助手のほんとのところ・歯科医過剰問題concept

歯科医過剰問題とは

歯科医過剰問題・高齢化・もしもの時の主婦資格歯科医過剰問題とはその言葉の通り、歯科医師、歯科医院が需要以上に存在する問題です。

平成22年度調査で初めて歯科医師数が10万人を突破し、急速な増加傾向を示しています。
そのため、受診患者数の減少・保険点数の引き下げ等の影響を受けて、全国的に歯科医院間での競争が激化、それに伴って経営状態が悪化する歯科医院もたくさんあります。
さらには、廃業(倒産)を選択せざるをえない歯科医院も増え、特に東京都内では1日1軒のペースで廃院に至っています。

現在、全国統計でコンビニエンスストアの店舗数より歯科医院数が多く(コンビニ数の1.6倍,2011年)、 収益悪化の対策として、日曜診療や深夜診療等を行う歯科医院が増加しています。

歯科医過剰問題の原因

歯科医過剰問題・高齢化・もしもの時の主婦資格歯科医過剰問題の原因の1つは「歯科医」の人気です。
虫歯が社会問題となった1960年代から歯科医療の充実が叫ばれ日本には歯科養成大学や学部が新設・増設されました。
しかし医療を志す若い学生たちの歯科医に対する人気も高く、歯科受療率が横ばいになり増加しなくなった後も、現存の歯学部歯学科は入学定員を減少させなかったため、この歯科医過剰問題が生まれました。

とくに私立大学では、
歯科医は人気がある = 学生が入学してくれる = 定員を下げずにいた方が大学経営に有利
ということもあり、国立大学が大幅に定員を削減する中、入学者の定員をキープし続けました。

現在では歯科医師国家試験の難易度をあげ合格率を下げるなど歯科医過剰問題の改善がはかられています。


歯科医過剰問題・高齢化・もしもの時の主婦資格歯科医過剰問題のもう一つの原因は高齢の歯科医が引退しないこともあげられています。

地元で長い間、歯科医院をしている歯科医がいて若い歯科医が新規参入するのが難しい現状があります。
歯科医療行為は視力、手先の器用さ、瞬時に診断を下す判断力や体力が必要なため早期に引退してもらうの事が必要であると考える医療関係者も多くいます。しかし定年制を採用している国もあるなかで、日本の超高齢化社会では年配の労働力の確保もさけばれており解決の難しい課題となっています。

医療事務その他のトピックス

歯科助手とは
歯科助手の仕事内容
歯科助手の受験資格など
医療事務と歯科助手の違い
歯科助手のほんとのところ・体験談

歯科助手おすすめ講座

歯科助手の資格取得
歯科助手の資格取得に興味を持った方、歯科助手の資格についてもっと知りたいという方、無料資料請求をしてみては??



主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建
おすすめ通学講座

もしものための主婦資格


主婦おすすめ資格
医療事務
歯科助手
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
介護事務

主婦資格その他
主婦の資格取得
おすすめサイト
主婦の再就職
主婦のお役立ち情報

おすすめリンク
・太陽光発電設置
・行政書士資格
・就職転職応援
・ベランダサービス
・HP作成依頼
・スマイルレンタカー
・自動相互リンク
幼児教育