主婦・女性に人気の資格「宅建」の仕事内容

主婦・女性に人気の資格取得のための情報サイトです

女性・特に主婦に人気の資格取得をまとめました。今必要とされている資格は?どうすれば取れるの?いくらくらいかかる?どんな仕事か

宅地建物取引主任者は更新制concept

宅地建物取引主任者の資格は更新制になっています。資格者に対して一定の期間を経過すると講習会を受講させ知識の再確認を行わせることにより、宅建主任者のレベルの維持ひいては不動産取引の安全を確保するのです。
今回は宅地建物取引主任者の更新について解説します。

宅地建物取引主任者の法定講習

宅地建物取引主任者の主任者証の有効期間は5年間です。有効期間を過ぎた場合はその間宅地建物取引主任者として仕事ができなくなります。この更新にはどうすればいいかというと「法定講習」と呼ばれる講習会に出席し資格を更新しないといけません。車の運転免許と同じようなシステムです。

宅地建物取引主任者の法定講習を受けなければいけない人は、5年目で更新の人の他に
・試験に合格して1年以上ほったらかしにして登録しなかった人
も資格を取得するには法定講習を受講しなければいけません。要は試験合格から1年以上何もしなかったら知識の再確認をしてもらわないと主任者証は渡せませんよ、というところでしょう。ちなみに1年以内に主任者証の交付を申請すると法定講習は必要ありません。未経験の場合は登録実務者講習がありますが・・・。

宅地建物取引主任者・資格の期限切れ

宅地建物取引主任者の資格の期限が切れると、その期間は主任者としての仕事ができなくなります。
主任者証の有効期間の日をもって期限切れになります。

宅地建物取引主任者は重要事項説明の時に、主任者証の提示と記名押印を義務付けられています。
ですので、主任者証の有効期限が切れていると大問題です。(お客さんが主任者証を真剣に見ることは少ないので、バレナイ場合も多でしょうが・・・)更新日も記録されるので、あとから重要事項の説明書の日付と更新日を見比べれば、資格が失効しているときに主任者として仕事をすると問題になることもあります。

都道府県によっては法定講習の実施回数が極端に少ないところもあります。一回逃すと資格の更新が半年伸びてしまうなんてこともあるので、更新が近づいてきたら、協会からの法定講習のお知らせの手紙が来ていないか注意しておく必要があります。

宅地建物取引主任者のその他のトピックス

宅地建物取引主任者とは
宅地建物取引主任者の受験概要
宅地建物取引主任者のほんとのところ

宅地建物取引士おすすめ講座


宅地建物取引士のおすすめ講座です。全国100校以上でどこにお住いのかたでも資格取得可能です。
まずは無料の資料請求を!!


主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建
おすすめ通学講座

もしものための主婦資格


主婦おすすめ資格
医療事務
歯科助手
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
介護事務

主婦資格その他
主婦の資格取得
おすすめサイト
主婦の再就職
主婦のお役立ち情報

おすすめリンク
・太陽光発電設置
・行政書士資格
・就職転職応援
・ベランダサービス
・HP作成依頼
・スマイルレンタカー
・自動相互リンク
幼児教育