主婦・女性に人気の資格「医療事務」体験談

主婦・女性に人気の資格取得のための情報サイトです

女性・特に主婦に人気の資格取得をまとめました。今必要とされている資格は?どうすれば取れるの?いくらくらいかかる?どんな仕事か

医療事務とタバコconcept

医療事務と喫煙者

医療事務とタバコ・煙草・たばこ・喫煙率医療事務の仕事をする場合、面接などで喫煙の取り扱いについて聞いておく必要があります。
最初に聞いておかなければ、「こんな勤務無理!!」となってしまうかもしれません。

医療事務が働くのは医療施設ですので、医師としては患者さんの見る目もありますので、健康に悪いことは避けたいものです。
裏でたばこを吸っているのは見られたくない」から「敷地内全面禁煙になったり
服にたばこの臭いがついて、臭いが漂うのがいや」なので「勤務前は喫煙しないようにということになっていたりします。

たばこを吸う方は聞かれたり、ルールを言われたりしなくても、自分から確認しておくのがいいでしょう。
単なる言い忘れが多い人やあえて言わずにまず働いてもらおうと考えている医師も多くいますので・・・。

ルールは作っているところと作っていないところがありますが、医療事務として医療機関で働くならば患者さんにたばこを吸っているところは見られないようにするのが必要な「心がけ」だと思います。医師の自分を見る目にも関わってきます。
絶対に見られない匂わないところで吸っていればいいでしょうが、駐車場なんかで吸っているのを医師に見られると評価もガタ落ちを覚悟しましょう。

医療系の喫煙率の高さ

医療事務とタバコ・煙草・たばこ・喫煙率医療系の仕事をしている人は喫煙率がとても高いです。私が働いたところでは医療事務は平均半分くらいは絶対に喫煙者がいます。なにか院内のイベントで出かけるときも喫煙者と非喫煙者で自然と別れてしまうのもしばしば・・・。

大きな病院で働けばよくわかることですが、看護師の喫煙率はかなり高いです。
やはりストレスのたまる仕事だからでしょうか・・・、以前働いていたところでは看護師の7割以上が喫煙者で、もちろん仕事中はタバコを吸えませんので、仕事が終わった後、職員出口の前でよく集まって吸っているのが日常的な光景でした。

なぜ医療系の喫煙率は高い??

医療事務とタバコ・煙草・たばこ・喫煙率看護師などを中心とする医療系の喫煙率の高さはなにが原因かと聞かれたとき、よく
「ストレスがたまる仕事だから」という理由が挙げられますが、
実はこれは半分正解で半分間違いです。

そもそも大きな誤解があると思うのですが、働く女性の喫煙率は基本的には喫煙率は高いです。ですので女性が中心になって働く看護師や医療事務は喫煙率の高さを指摘されやすいというだけです。

半分正解の部分では喫煙率はやはりストレスによります。実際看護師でも、痴呆の方や精神的な介護の必要がある方の介護施設で働く看護師の喫煙率は高くなる傾向にあります。

ちなみに統計では医療系より飲食関係の仕事のほうが喫煙率は高いようです。

医療事務その他のトピックス

医療事務とは
医療事務の仕事内容
医療事務の受験資格など
医療事務と歯科助手の違い
医療事務のほんとのところ・体験談

医療事務おすすめ講座

医療事務・主婦・女性に人気の資格取得 【ヒューマンアカデミー】
全国各地にある校舎で資格取得から、その後の就職まで幅広いサービスが受けられます。通信教育など独学では不安という方でも少人数制のクラスとプロの講師から仕事に役立つ知識を学ぶことができます。資料請求は無料です。資格についての情報も盛りだくさんの資料ですので、一見の価値ありです。


主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建
おすすめ通学講座

もしものための主婦資格


主婦おすすめ資格
医療事務
歯科助手
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
介護事務

主婦資格その他
主婦の資格取得
おすすめサイト
主婦の再就職
主婦のお役立ち情報

おすすめリンク
・太陽光発電設置
・行政書士資格
・就職転職応援
・ベランダサービス
・HP作成依頼
・スマイルレンタカー
・自動相互リンク
幼児教育