本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

幼児教育・内村航平

内村航平選手の幼児教育

体操の内村航平選手も母親の周子さんは教育熱心であることが知られています。
周子さんは内村選手の生後6か月から
「一瞬だけ絵本を開いて見せて、何が書いてあるのかを当てさせる」
「ジグソーパズルをさせる」
「絵本をよんで内容を記憶させる」
などをしていたといっています。

これはいわゆる右脳教育といわれるものだと思われます。
大人になると分析や論理的な思考をつかさどる左脳が優位に働くようになるのですが、まだ右脳が優位に働く幼児期「フラッシュカード」などの右脳を刺激する作業をすることによって、幼児期にしかできない脳の成長を促そうというものです。
こういった作業をすることによって記憶力やパズルをする力だけでなく、右脳が働く演技力や理解力や平行感覚や集中力が培われたのかもしれません。

体操の英才教育をするも強制はしない

内村選手は体操一家にうまれ、体操の英才教育をうけていました。設備も環境も体操に関してはすべてが揃っていた状態と言えるでしょう。
実際幼児期からトランポリンや鉄棒で遊んでいたそうです。

しかし両親は体操の練習を強制しないように気を付けていたそうで自ら進んで体操をすることを重視していたといいます。



information

ちびっこ教室

準備中