本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育とはオーストリアの哲学者・神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した教育のことをいいます。正式にはヴァルドルフ教育という名前ですが日本で紹介する際に提唱したシュタイナーにちなんで「シュタイナー教育」という呼称で呼ばれるようになっています。
独自の思想をもとにして、知性だけでなく全人的な政党を促すための教育で、現在もシュタイナー教育を導入する施設も増えてきています。

具体的なシュタイナー教育の方法

シュタイナー教育の理論

シュタイナー教育は、シュタイナーが自身の教育経験をもとに作り上げた理論であり、研究者から見ても「思想や理論は壮大かつ深遠で、その実践は多彩できめ細かく多層的であるため、全体像を明らかにすることは容易ではない」と指摘するほど複雑なものです。
シュタイナー教育の特徴は
※人間には4つの構成要素
1.意識としての自我:考える「私」という意識
2.アトラル体(感情):快・不快の感情
3.エーテル体(生命力):成長や繁殖する力
4.物質としての肉体:体そのもの
この4つをバランスよく成長させていくことが必要であるという考えと

※7年周期で成長の節目があるという成長過程
1.第1七年期(0歳から7歳)他者を模倣することを特徴とする
2.第2七年期(7歳から14歳)感情作用や想像力の育つ
3.第3七年期(14歳から21歳)認識活動を中心としその世界と関係していく
にわけられるという考え方があります。

具体的なシュタイナー教育の方法



information

ちびっこ教室

準備中