本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

幼児教育のメリット

幼児教育のメリット

幼児教育の必要性のところでも触れましたが、0歳から3歳までの間に人間の脳の80%が完成するといわれています。そんな幼児期に脳へ刺激を与えることによって完成する脳にいい影響を与えられるというのが幼児教育のいいところです。

特に言われているのは「右脳教育」と言われるものです。言語や計算や分析をする左脳、芸術や空間認識や直観的な思考をする右脳で、幼児期には脳の中でも右脳が優位に働いているため、幼児期に右脳が発達するような教育をすることにより、その分野の能力を高めることができるといわれています。
逆に言うと成長が進めば進むほど左脳が優位でものを考えるようになり、
右脳を刺激するような教育をしにくくなるということです。

例えばフラッシュ記憶のカード教材などはこの考え方で行われており、すごいスピードでカードを見せてその内容を記憶するものですが、左脳で考えてしまってはスピードが速すぎて記憶できないものも、右脳を使うことによって記憶でき、そういった作業をすることで瞬間記憶の力が養われそのほかの右脳を使った能力も上がると言われています。

こういった幼児期特有の幼児の特性を利用した「その時にしかできない教育」が
幼児教育のメリットと言われています。



information

ちびっこ教室

準備中