本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

幼児教育のデメリット

パターン化の弊害

幼児教育のデメリットとしてよく話されるのがパターン化・パターン教育の弊害です。
幼児教育はパターン化され、それに赤ちゃんが反応することによって脳を刺激するような教育が多いといわれており、受け身の学習や訓練によって
「機械的に考える能力は上がったが、いろいろなことを考えることができなくなった」とか
「自発性・創造性の発達が抑圧される」といった弊害がみられることもあります。

インプット教育の弊害

幼児教育には赤ちゃんが能動的に動いてはくれないので一方的なインプット教育が多くあります。
これにより人間性であったり精神的な成長が阻害されるのではないかという話もあります。
もっと正確にもっと早くといった成長のみが発達し機械のような子供になるという懸念です。

またインプット教育にはそもそも幼児期の覚えるという自覚のない時期にしてもあまり意味がないという意見もあり、子供を疲れさせるだけだという指摘もあります。

本当に幼児教育の弊害かはわからない

幼児教育の必要性が正確には「わからない」ように幼児教育のデメリットも正確にはわかりません。
幼児教育を受けた子について「独り言をいう」「奇声を発して、激しく暴れる」「食欲をなくす」「キレやすい」「自傷行為までする」などという事例も見られることは確かですが、
幼児教育を受けていない子でも同じ現象もあると考えられます。
そういった現象が増えていることを示す有意な統計は未だにでていない現状です。



information

ちびっこ教室

準備中