本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

右脳教育

右脳教育とは

人間の脳には右脳と左脳があります。
主に右脳は、感性やイメージをつかさどります。一般的に「ひらめき」や「直感力」「想像力」に力を発揮するといわれています。
そして左脳は言語や理論をつかさどります。一般的に「言語能力」「計算」「分析」など理論的な力を発揮するといわれています。
天才といわれるアーティストやアスリートの脳を調べた場合右脳の活動が一般の人と違うため、右脳が発達している人ほど、突出したまたは特殊な能力を発揮できると考えられています。
そんな右脳に幼児期に刺激を与えて発達させようというのが「右脳教育」です。

具体的には?

具体的には「フラッシュカード」などが右脳教育です。
高速で多くのカードを見せて、カードに書かれている内容を覚えさせたりします。
あとは積み木やブロックやパズルなども効果があるといわれています。
ものとものとの組み合わせを考えることで、想像力を養うことができます。

なぜ早期にするか

右脳教育といえばかなり早い段階で教育するのが普通です。これはなぜなのか。生まれてから3歳くらいまでは右脳が活発に働く時期と言われています。この発達の時期に合わせて右脳を刺激することができるので早い時期に行うようになっています。
フラッシュカードなども大きくなってからもできますが、大きくなってからしても右脳がうまく使われずに分析力や判断力といった左脳の分野で解決しようと試みるようになります。
ですので、3歳までの時期に右脳教育をしていく必要があるといわれているのです。



information

ちびっこ教室

準備中