本文へスキップ

幼児期の教育・保育・知育・育児についてパパママ応援サイト

「6歳で人間の脳の90%ができる」なんてことも言われ

ていますが、そんな幼児教育についての情報サイトです。

早期英語教育のメリット

英語の土台を作れる

早期英語教育については英語の土台を作れるということが言われています。「日本語は学習しなくても習得できたり」「ハーフの子は両親の使うそれぞれの言葉を習得する」というようなことは、言語中枢分野に幼児期に親しんだ言語で「考えることができる能力」が身につくからと言われています。
そして大きくなってから英語教育を受ける場合、その能力がないのでなかなか身につかないということが言われています。
つまり幼児期に英語教育を受けると、英語の土台を作れるということです。

お勉強でないうちから

英語に限りませんが勉強を苦に感じたことがある方がほとんどだと思いますが、それはやらされているからでしょう。幼児期の英語教育ではやらされている感はほとんど感じることなく教育ができます。無理やりさせるようなものではなく、日常に取り込まれているような方法やカリキュラムのものが多いです。幼児期はやらせようとしてもやらないので、、、
英語がお勉強になる前に楽しんで習得することができるのはこの時期しかありません。

聞き話せることの大切さ

最近は少しづつ改善されていますが、日本の英語教育は読み書きが重要視されています。しかし実際に生活していく中で利用するのは聞く話すです。幼児教育では読んだり書いたりが難しいので、必然的に音楽・ダンス・会話などの聞き話す教育になります。
このような聞くことと話すことを重要視する英語教育をしてあげることで小学校や中学校でされる英語教育などでは身に付きづらいことを習得できます。
例えばRとL、CとKはみれば当然見分けられますが、聞くとなかなか日本人には聞き分けられないと思います。こういった聞き分ける能力を習得しやすいのが幼児期の英語教育なのです。



information

ちびっこ教室

準備中