本文へスキップ

主婦・女性に人気の資格取得のための情報サイトです

女性・特に主婦に人気の資格取得をまとめました。今必要とされている資格は?どうすれば取れるの?いくらくらいかかる?どんな仕事か

離婚・慰謝料ってどれくらい?

離婚した場合、当事者が一番興味があるのは「慰謝料」の問題ではないでしょうか。
ココではそんな慰謝料について解説したいと思います。

離婚・慰謝料とは

離婚・慰謝料の相場・不貞行為・浮気・DV慰謝料とは精神的苦痛を与えたものに対する損害賠償のことです。
民法710条によると身体・自由・名誉・財産権の侵害があった場合に認められる余地があるようです。
例えば、交通事故で怪我を負わせたりした場合や週刊誌の記事について著名人が名誉棄損による精神的苦痛を理由に慰謝料を請求したりします。

同じように、離婚でも双方に「精神的苦痛」が存在します。離婚原因である有責行為(不貞行為やドメスティックバイオレンス)をした者に対して損害賠償請求をすることができます。これが慰謝料です。

離婚の場合は「精神的苦痛」が要件になります。性格の不一致で離婚した場合などは「精神的苦痛」が認められ場合はほぼありません。

また説明不要かもしれませんが養育費とはまた別です。
慰謝料は精神的苦痛の「謝罪の気持ち」。
養育費は「離婚後も残る自分の子供を育てる義務の履行代」です。

慰謝料の算定

離婚・慰謝料の相場・不貞行為・浮気・DV慰謝料の算定はどうやってするのでしょうか。実は慰謝料の明確な算定方法は存在しません。精神的な苦痛を測って金銭などの目に見える形に変換しなければいけないので、明確な方法はないのは当然です。ですが慰謝料の算定の基準、考慮しなければいけない事柄はあります。おおむね
・離婚にいたるまでの責任の大きさ
・精神的苦痛の度合い
・精神的苦痛の期間
・養育が必要な子供の数
・支払う側の経済的地位と経済力

というのが考慮する項目でしょう。注目すべきは支払う側の支払い能力も考慮に入れるということです。

浮気の場合の慰謝料

離婚・慰謝料の相場・不貞行為・浮気・DVよくあるのが浮気を原因として離婚する場合です。浮気をしたのだから、どんなに精神的に強い人でも浮気された方のショック(精神的苦痛)はないわけありません。
ちなみに「浮気」は日常用語で法律用語では「不貞」「不貞行為」と言います。結婚すると双方「貞操を守る義務」(ほかの人と肉体関係を持ってはいけない義務)を負います。その義務を破る行為なので「貞にあらず」、「不貞」というわけです。

この「不貞」で離婚する場合、不貞の態様で慰謝料の額は決まってきます。
不貞の回数・期間・経緯・相手の妊娠の有無から
精神的苦痛を受けうつ病と診断されたというようなことまで
考慮します。

確実な証拠の有無・慰謝料の支払い能力によりますが、不貞による慰謝料の相場は100万円〜500万円でしょう。
当然不貞は密室ですることが多くなります。ですので確実性のある証拠集めができていないと「不貞」自体認められないこともあります。


主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建
おすすめ通学講座

もしものための主婦資格


主婦おすすめ資格
医療事務
歯科助手
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
介護事務

主婦資格その他
主婦の資格取得
おすすめサイト
主婦の再就職
主婦のお役立ち情報

おすすめリンク
・太陽光発電設置
・行政書士資格
・就職転職応援
・ベランダサービス
・HP作成依頼
・スマイルレンタカー
・自動相互リンク
幼児教育