本文へスキップ

主婦・女性に人気の資格取得のための情報サイトです

女性・特に主婦に人気の資格取得をまとめました。今必要とされている資格は?どうすれば取れるの?いくらくらいかかる?どんな仕事か

浮気の証拠

相手が浮気をしている場合、それは離婚の理由になります。法律上はこれは「不貞行為」といいます。
浮気などが原因で裁判上の離婚を請求する場合は、この「不貞行為」があったことを証明しないといけません。
どういうことを証明したらいいかというと、裁判例では
「配偶者と異性の愛人との性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」
が必要とされています。

ではでは例えばどんな証拠は認められるのでしょうか。

裁判上での不貞行為の立証

@写真・ビデオ
浮気・不倫・不貞行為の立証・証拠不貞行為の証拠で一番すぐれているものが写真やビデオです。例えば
・愛人とラブホテルに入る写真
などです。
シティホテルや旅先の旅館・愛人の自宅は証拠能力としては少し落ちます。このような場所では性行為目的でない可能性があるからです。ただ出てくるところも写真でとり、滞在時間・その時間帯などを確定することにより十分な証拠とすることができます。
デジタルカメラでの撮影も改ざんの可能性があるとして証拠能力が落ちるといわれていますが、実際の裁判ではあまり問題ありません。証拠として認められています。
ただし法は寛容で一回限りでは離婚が認められるケースはあまりありません。興信所などに依頼し継続的に性行為があるという証拠集めが必要になります。

A録音テープ
浮気・不倫・不貞行為の立証・証拠写真の次に思い浮かぶのは録音テープではないでしょうか。例えば
・家での夫婦の会話で相手が不貞を認めたテープ
でしょう。家での話し合いでは認めていたのに公の場では認めないとうパターンも多々ありますので、そんな時録音テープの存在は不貞行為の立証の証拠になるわけです。
無断録音も証拠として問題ありません。ただ、レコーダーを設置する場所によっては録音自体が法令違反となり、
証拠能力を認めない場合があります。家や自家用車や話し合いの場の録音なら問題はないでしょう。

ちなみに裁判ではテープは流しません。一字一句文章化されます。

Bメール
浮気・不倫・不貞行為の立証・証拠浮気の発覚で一番多いのがメールでしょうが、証拠としては決定的なものではありません。
性行為があることが推認できる内容であることが求められます。しかし結局筆跡はなく相手本人が送ったということの証明にはならないので他の証拠を補完する状況証拠の一つという位置づけです。

C領収書・カードの明細・手紙・プレゼント
性行為関連の内容があればレシートや手紙なども証拠になります。
客観的に見て不貞行為が推認できる必要があります。


主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建 主婦の資格取得を応援・医療事務・FP・宅建
おすすめ通学講座

もしものための主婦資格


主婦おすすめ資格
医療事務
歯科助手
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引主任者
介護事務

主婦資格その他
主婦の資格取得
おすすめサイト
主婦の再就職
主婦のお役立ち情報

おすすめリンク
・太陽光発電設置
・行政書士資格
・就職転職応援
・ベランダサービス
・HP作成依頼
・スマイルレンタカー
・自動相互リンク
幼児教育